HSRP 基礎編:(6) HSRP メッセージの種類

スタンバイ・グループに参加しているルーターは、メッセージを交換し合うことで、アクティブ、スタンバイ・ルーターを選定し、その状態を維持します。
a

hsrp-a6.png
完全な表はこちらを参照してください。


HSRP のメッセージは、以下の四種類があります。

Hello:

ルーターがアクティブまたはスタンバイ・ルーターとなっている間、Hello Time に設定された間隔で送信されます。
HSRP パケットのOpCode フィールドは0です。


Coup (クー):

それまでアクティブ・ルーターではなかったルーターが、アクティブ・ルーターに遷移するときに送信するメッセージです。
アクティブ・ルーターから、自分よりも低いプライオリティのHello メッセージを受信したスタンバイ・ルーターは、Coup メッセージを送信して、アクティブ・ルーターに遷移します。
HSRP パケットのOpCode フィールドは1です。

Coup は「打撃」を意味する英単語です。メッセージ名の語源はフランス語の"coup d'etat(クーデター) です。


Resign (リザイン):

アクティブ・ルーターであったルーターが、アクティブ・ルーターを辞めるときに送信するメッセージです。
アクティブ・ルーターでHSRP の設定を削除すると、Resign メッセージを送信して、Hold Time の満了を待つことなくスタンバイ・ルーターが即座にActive Router になることを促します。
HSRP パケットのOpCode フィールドは2です。

※ インターフェイスをshutdown した場合は、Resign メッセージは送信されません。スタンバイ・ルーターがアクティブ・ルーターに切り替わるのは、Hold Time が満了してからになります。


Advertisement (アドバタイズメント):

スタンバイ・グループ内の三台目以降のルータは、Listen ステートに遷移し、アクティブ、スタンバイ・ルーターから届くHello メッセージを受信し続けますが、自身はHello メッセージを送信しません。
Hello メッセージを送信しないため、Listen ステートの状態にあるルーターは、アクティブ、またはスタンバイ・ルーターになるまで他のルーターに存在を知られることがありません。これを、パッシブ・ルーターと呼びます。

IOS version 12.1(3)T からサポートされた「ICMP Redirect との協調動作」を利用する場合、パッシブ・ルーターは、自分の存在をアクティブ・ルーターに報せる(Advertise する)必要があります。
HSRP パケットのOpCode フィールドは3です。

※ ICMP Redirect との協調動作については後述します。