HSRP 実践編:(10) HSRP のアクティブ・ルーターに障害を発生させてみる(3)

三つのスタンバイ・グループへバランスよく負荷分散ができたところで、障害を発生させて状況の変化を観察してみましょう。

a
Router-A のインターフェイスs2/0 をshutdown してみます。
















Router-A#conf t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router-A(config)#interface serial 2/0
Router-A(config-if)#shutdown
Router-A(config-if)#^Z
Router-A#
Feb 7 04:06:32.231: %OSPF-5-ADJCHG: Process 1, Nbr 1.1.1.104 on Serial2/0 from FULL to DOWN, Neighbor Down: Interface down or detached
Feb 7 04:06:32.735: %HSRP-6-STATECHANGE: Ethernet0/0 Grp 20 state Standby -> Listen
Router-A#
Feb 7 04:06:33.071: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
Feb 7 04:06:33.583: %IP-4-DUPADDR: Duplicate address 192.168.1.1 on Ethernet0/0, sourced by aabb.cc00.6700
Feb 7 04:06:33.583: %HSRP-6-STATECHANGE: Ethernet0/0 Grp 10 state Active -> Speak
Router-A#
Feb 7 04:06:34.231: %LINK-5-CHANGED: Interface Serial2/0, changed state to administratively down
Feb 7 04:06:35.235: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial2/0, changed state to down
Router-A#

トラッキングしているインターフェイスs2/0 に障害が発生すると、Router-A は各スタンバイ・グループのプライオリティを15 下げます。

プライオリティが90 になったスタンバイ・グループ10 は、Router-C がアクティブ・ルーターとなり、Router-A のステートはActive からListen に遷移します。Router-B は、Listen からスタンバイ・ルーターに昇格します。

プライオリティが85 になったスタンバイ・グループ20 は、Router-C がスタンバイ・ルーターとなり、Router-A はスタンバイ・ルーターからListen に遷移します。

プライオリティが80 になったスタンバイ・グループ30 は、元々Listen なので変化はありません。


hsrp-b10.png