HSRP 実践編:(15) HSRP の設定用コマンド(1)

HSRP 関連のコマンド一覧です。

  • standby ip
  • standby name
  • standby preemp
  • standby preempt delay minimum
  • standby preempt dealy reload


a
[no] standby [Group Number] ip [IP Address] [Secondary]

スタンバイ・グループのバーチャルIP アドレスを設定します。IOS バージョン10.0 から使用可能です。

Group Number

スタンバイ・グループ番号です。IOS version 10.3 から、グループ番号を指定できるようになりました。
0から255まで指定できます。指定しない場合は0 が選択されます。
IOS バージョン12.3(4)T からサポートされるHSRP バージョン2 を使用する場合は、0 から4095 まで指定できます。

IP Address

スタンバイ・グループのバーチャルIP アドレスです。

Sencondary

[IP Address] で設定したバーチャルIP アドレスがSecondary アドレスであること意味します。
IOS バージョン11.1 から指定可能になりました。

コマンドの先頭にno を付けると設定を削除できます。



[no] standby [Group Number] name [Group Name]

スタンバイ・グループにの名前を設定します。IOS バージョン12.0(2)T から使用可能です。

Group Number

スタンバイ・グループ番号です。IOS version 10.3 から、グループ番号を指定できるようになりました。
0から255まで指定できます。指定しない場合は0 が選択されます。
IOS バージョン12.3(4)T からサポートされるHSRP バージョン2 を使用する場合は、0 から4095 まで指定できます。

Group Name

スタンバイ・グループの名前です。半角で101文字までです。
英数字と? 以外の記号 -=\`!@#$%^&*()_+|~[]{};':",./<> を使用できます。

コマンドの先頭にno を付けると設定を削除できます。



[no] standby [Group Number] preempt

Preempt を有効にします。IOS バージョン11.3 から使用可能です。

Group Number

スタンバイ・グループ番号です。IOS version 10.3 から、グループ番号を指定できるようになりました。
0から255まで指定できます。指定しない場合は0 が選択されます。
IOS バージョン12.3(4)T からサポートされるHSRP バージョン2 を使用する場合は、0 から4095 まで指定できます。

コマンドの先頭にno を付けると設定を削除できます。

以前はプライオリティの設定も同時に行うこともできましたが、IOS バージョン12.2 からは別なコマンドになりました。

例: standby 10 priority 105 preempt

preempt delay minumum、reload、sync コマンドも一括で実行可能です。

例: standby 30 preempt delay minimum 10 reload 30 sync 30



[no] standby [Group Number] preempt delay minimum [Value]

インターフェイスがアップしてから、Preempt によりActive Router に切り替わるまでの時間を調整できます。IOS バージョン12.0(2)T から使用可能です。

Group Number

スタンバイ・グループ番号です。IOS version 10.3 から、グループ番号を指定できるようになりました。
0から255まで指定できます。指定しない場合は0 が選択されます。
IOS バージョン12.3(4)T からサポートされるHSRP バージョン2 を使用する場合は、0 から4095 まで指定できます。

Value

Preempt が働くまでの経過時間を秒数で指定します。0 から3600 で指定可能です。

コマンドの先頭にno を付けると設定を削除できます。

Cisco のConfiguration Guide には、「ルーターが起動してからの秒数」とあります。間違いではありませんが、すべてを説明しきれていません。
ルーターの起動直後にインターフェイスがアップした時にもこの値は有効ですが、shutdown していたインターフェイスをno shutdown してリンク・アップしたときにも有効です。

Preempt の作動を遅らせることで、ルーティング・テーブルの更新が完了する前にアクティブ・ルーターとなってしまうことを回避できます。

preempt delay minumum / reload/ sync コマンドも一括で実行可能です。

例: standby 30 preempt delay minimum 10 reload 30 sync 30



[no] standby [Group Number] preempt delay reload [value]

インターフェイスがアップしてから、Preempt によりアクティブ・ルーターへ切り替わるまでの時間を調整できます。ルーターが起動後、最初にインターフェイスがアップしたときのみ有効です。IOS バージョン12.2 から使用可能です。

Group Number

スタンバイ・グループ番号です。IOS version 10.3 から、グループ番号を指定できるようになりました。
0から255まで指定できます。指定しない場合は0 が選択されます。
IOS バージョン12.3(4)T からサポートされるHSRP バージョン2 を使用する場合は、0 から4095 まで指定できます。

Value

Preempt が働くまでの経過時間を秒数で指定します。0 から3600 で指定可能です。

コマンドの先頭にno を付けると設定を削除できます。

Preempt の作動を遅らせることで、ルーティング・テーブルの更新が完了する前にアクティブ・ルーターとなってしまうことを回避できます。

preempt delay minumum / reload/ sync コマンドも一括で実行可能です。

例:standby 30 preempt delay minimum 10 reload 30 sync 30