HSRP 実践編:(16) HSRP の設定用コマンド(2)

HSRP 関連のコマンド一覧です。

  • standby preempt dealy sync
  • standby priority
  • standby track 
  • standby timers


a
[no] standby [Group Number] preempt dealy sync [value]

ステートフルNAT など、複数のルーター間で機能を冗長化している場合に使用します。
ルーターの切り替わりに際して、アドレス変換(NAT)テーブルなどの同期が完了するまで、HSRP のアクティブ・ルーター切り替わりを遅らせる秒数を指定します。
IOS バージョン12.0(2)T から使用可能です。

Group Number

スタンバイ・グループ番号です。IOS version 10.3 から、グループ番号を指定できるようになりました。
0から255まで指定できます。指定しない場合は0 が選択されます。
IOS バージョン12.3(4)T からサポートされるHSRP バージョン2 を使用する場合は、0 から4095 まで指定できます。

Value

Preempt が働くまでの経過時間を秒数で指定します。0 から3600 で指定可能です。

コマンドの先頭にno を付けると、設定を削除できます。

preempt delay minumum / reload/ sync コマンドも一括で実行可能です。

例: standby 30 preempt delay minimum 10 reload 30 sync 30



[no] standby [Group Number] priority [Value]

HSRP のプライオリティを指定します。値が大きいほど優先度が高くなります。IOS バージョン11.3 から使用可能です。

Group Number

スタンバイ・グループ番号です。IOS version 10.3 から、グループ番号を指定できるようになりました。
0から255まで指定できます。指定しない場合は0 が選択されます。
IOS バージョン12.3(4)T からサポートされるHSRP バージョン2 を使用する場合は、0 から4095 まで指定できます。

Value

プライオリティを0 から255 の間で指定します。

コマンドの先頭にno を付けると設定を削除できます。

以前は、Preempt の設定も同時に行うこともできましたが、IOS バージョン12.2 からは別なコマンドになりました。



[no] standby [Group Number] track [Interface Name] [Value]

トラッキングの監視対象インターフェイスとプライオリティの下げ幅を指定します。
監視しているインターフェイスがダウンすると、プライオリティを下げることで他のルーターがアクティブ・ルーターになることを促します。
下げ幅は、他のルーターが確実にアクティブ・ルーターになれるよう考慮する必要があります。
IOS バージョン10.3 から使用可能です。

Group Number

スタンバイ・グループ番号です。IOS version 10.3 から、グループ番号を指定できるようになりました。
0から255まで指定できます。指定しない場合は0 が選択されます。
IOS バージョン12.3(4)T からサポートされるHSRP バージョン2 を使用する場合は、0 から4095 まで指定できます。

Interface Name

監視対象のインターフェイスを指定します。

Value

プライオリティの下げ幅を指定します。指定しない場合は10 が選択されます。

コマンドの先頭にno を付けると設定を削除できます。



[no] standby [Group Number] timers [msec1] [Hello] [msec2] [Hold]

HSRP で使用するタイマー値を設定します。IOS バージョン10.0 から使用可能です。

Group Number

スタンバイ・グループ番号です。IOS version 10.3 から、グループ番号を指定できるようになりました。
0から255まで指定できます。指定しない場合は0 が選択されます。
IOS バージョン12.3(4)T からサポートされるHSRP バージョン2 を使用する場合は、0 から4095 まで指定できます。

msec1

 Hello Time をミリ秒単位で指定する際に使用します。省略した場合は秒単位になります。IOS バージョン11.2 から指定可能になりました。

Hello

Hello Time を設定します。秒単位の場合は1 から254 の間で指定可能です。ミリ秒単位の場合は15 から999 の間で指定可能です。

msec2

Hold Time をミリ秒単位で指定する際に使用します。省略した場合は秒単位になります。Hello Time を秒単位で設定した場合(msec1を指定しなかった場合)、msec2は指定できません。
IOS バージョン11.2 から指定可能になりました。

Hold

Hold Time を設定します。秒単位の場合はHello Time の値 + 1 から255 の間で指定可能です。
ミリ秒単位の場合、

  • Hello Time の3倍が50未満の場合(15、16)、50 から3000 の間
  • Hello Time の3倍が50以上の場合、Hello Time の3 倍から3000 の間

で指定可能です。

コマンドの先頭にno を付けると設定を削除できます。


Cisco は、Hold Time を250ミリ秒未満にした場合、HSRP ステートのフラッピングが起こる可能性を指摘しています。また、Cisco7200 より小型のルーターや100Mbps 未満の低速インターフェイスでHold Time を250ミリ秒未満にしないことを推奨しています。

フラッピングが発生すると、ルーターのCPU 使用率が高騰し、他の機能へ影響することがあります。process-max-time を使用することで、単一のプロセスがCPU を占有することを防ぐ方法が提示されています。確かにCPU の占有は防げますが、フラッピングは防げませんので本末転倒です。

Cisco IOS IP Application Services Commands, Release 12.2 "standby timers" から抜粋

Some HSRP state flapping can occasionally occur if the holdtime is set to less than 250 milliseconds, and the processor is busy. It is recommended that holdtime values less than 250 milliseconds be used on Cisco 7200 platforms or better, and on Fast-Ethernet or FDDI interfaces or better. Setting the process-max-time command to a suitable value may also help with flapping. 

Hello Time やHold Time は、通常、他のルーターのHello メッセージから学習できますが、ミリ秒単位で設定された値は学習されません。ミリ秒単位を使用する場合は、全てのルータに同じ値を設定する必要があります。