HSRP 実践編:(18) HSRP の設定用コマンド(4)

HSRP 関連のコマンド一覧です。

  • standby mac-address
  • standby use-bia
  • standby version
  • standby sso
  • standby redirects
  • standby redirects [disable | enable]

a
[no] standby [Group Number] mac-address [MAC Address]

スタンバイ・グループのバーチャルMAC アドレスを指定します。
BIA(Burnt In Address)を使わない限り、通常は00-00-0c-07-ac-xx がバーチャルMAC アドレスとして使われます(xx はスタンバイ・グループ番号を16 進数で表記したもの)。

APPN(Advanced Peer to Peer Network)を使用している環境では、端末は、DLUR(Dependent Logical-Unit Requester)ルーターに設定されたバーチャルMAC アドレス宛に接続要求を送信します。
アクティブ・ルーターの使用するバーチャルMAC アドレスをAPPN と一致させるための手段として、このコマンドが使われます。
IOS version 11.2 から使用可能です。

standby use-bia を使用しているときは設定できません。

MAC アドレスの重複によるトラブルを防ぐため、特に必要がない場合はバーチャルMAC アドレスの変更はしない方が良いでしょう。

Group Number

スタンバイ・グループ番号です。IOS version 10.3 から、グループ番号を指定できるようになりました。
0から255まで指定できます。指定しない場合は0 が選択されます。
IOS バージョン12.3(4)T からサポートされるHSRP バージョン2 を使用する場合は、0 から4095 まで指定できます。

MAC Address

MAC アドレスを指定します。

コマンドの先頭にno を付けると設定を削除できます。



[no] standby use-bia

アクティブ・ルーターとなっているときに使うMAC アドレスを、バーチャルMAC アドレスからBIA(Burnt In Address)に変更します。
IOS version 11.2 から使用可能です。

コマンドの先頭にno を付けると設定を削除できます。



[no] standby version [1 | 2]

HSRP のバージョンを指定します。指定しない場合は、バージョン1 が選択されます。
HSRP バージョン2 では、スタンバイ・グループ番号を0 から4095 の間で設定できます。

コマンドの先頭にno を付けると設定を削除できます。ただし、256 以上のスタンバイ・グループ番号を設定している場合は、削除できません。

HSRP バージョン2 で使われるバーチャルMAC アドレス は00-00-0C-9F-Fx-xx です(x-xx はスタンバイ・グループ番号を16 進数で表記したもの)。
IOS バージョン12.3(4)T から使用可能です。

1

HSRP バージョン1を指定します。

2

HSRP バージョン2を指定します。



[no] standby sso

SSO(Statefull Switch Over)によるRP(Route Processor)の二重化を行っているルーターで使用します。
Route Processor の切り替わり発生時、切替わりが完了するまでの間に他のルータがアクティブ・ルーターになることを防ぎます。
スタンバイRP がアクティブとなる前に、HSRP の機能を先に肩代わりすることで、切替わり中にもアクティブ・ルーターとして動作することができます。

SSO を設定してあるルーターでは、この機能が自動的に有効になります。
コマンドの先頭にno を付けるとこの機能を無効にできます。
IOS バージョン12.2(25)S から使用可能です。



[no] standby redirects

HSRP とICMP リダイレクトの協調動作を有効にします。

HSRP とICMP リダイレクトの協調動作はデフォルトで有効になっており、running-config やstartup-config には表示されません。
コマンドの先頭にno を付けるとこの機能を無効にできます。
IOS バージョン12.1(3)T から使用可能です。

ICMP リダイレクト自体が有効になっている場合(ip redirects コマンド)、この機能を無効にすると以下の警告メッセージが表示されますが、協調動作は無効になります。

Router-A(config-if)#no standby redirect
% ICMP redirects are enabled on the interface.
Router-A(config-if)#

HSRP とICMP リダイレクトの協調動作を無効にすると、リダイレクト先のIP アドレスは、バーチャルIP アドレスではなくリアルIP アドレスが指定されます。

このコマンドはインターフェイス単位で設定できますが、グローバルコンフィグレーションモードで設定することで、すべてのインターフェイスで有効または無効にすることもできます。

Router-A(config)#no standby redirects
Router-A(config)#



standby redirects [disable | enable]

HSRP とICMP リダイレクトの協調動作を有効または無効にします。グローバル・コンフィグレーション・モードで使用します。

[no] standby redirect を、グローバル・コンフィグレーション・モードで使用するのと同じです。
IOS バージョン12.1(3)T から使用可能です。

disable

HSRP とICMP リダイレクトの協調動作を無効にします。

enable

HSRP とICMP リダイレクトの協調動作を有効にします。