HSRP 応用編:(2) HSRP のトラッキング対象インターフェイスを複数にする(2)

実用性に多少疑問はありますが、先ほどの例でboolean and を使った場合にどのような挙動をするか見てみましょう。



a
このページでは次のようなネットワークを使います。

hsrp-c2-1.png
※ この例で使うネットワークは、機能の理解を目的として簡略化しています。必ずしも最適な構成ではないことをご了承下さい。

※ これまでに設定したオブジェクト・トラッキングの設定は削除しておいてください。


Router-A に、オブジェクト・トラッキングの設定をします。

Router-A#conf t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router-A(config)#track 1 interface ethernet0/1 line-protocol
Router-A(config-track)#delay down 1 up 15
Router-A(config-track)#exit
Router-A(config)#
Router-A(config)#track 2 interface ethernet 0/2 line-protocol
Router-A(config-track)#delay down 1 up 15
Router-A(config-track)#exit
Router-A(config)#track 3 list boolean and
Router-A(config-track)#
Router-A(config-track)#object 1
Router-A(config-track)#object 2
Router-A(config-track)#exit
Router-A(config)#
Router-A(config)#interface ethernet 0/0
Router-A(config-if)#standby track 3 decrement 10
Router-A(config-if)#delay down 1 up 15
Router-A(config-if)#^Z
Router-A#


① インターフェイスe0/1 を対象とするトラッキングを設定します(オブジェクト1)。

② 続けて、インターフェイスe0/2 を対象とするトラッキングを設定します(オブジェクト2)。

③ オブジェクト3を作成し、複数の対象をトラッキングすることを意味するlist を指定し、ダウンと判断するための条件をboolean and で指定します。boolean and にすると、全てのオブジェクトがアップしていない限りダウン、全てがアップしたらアップ、という意味になります。

④ オブジェクト番号1 と2 を、オブジェクト番号3 のトラッキング対象に指定します。

⑤ オブジェクト3 をスタンバイ・グループ10 のトラッキング対象に設定します。


Router-A のインターフェイスe0/1 をshutdown してみます。

Router-A#conf t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router-A(config)#interface ethernet0/1
Router-A(config-if)#shutdown
Router-A(config-if)#
*Feb 10 23:24:44.139: %OSPF-5-ADJCHG: Process 1, Nbr 1.1.1.3 on Ethernet0/1 from FULL to DOWN, Neighbor Down: Interface down or detached
Router-A(config-if)#
*Feb 10 23:24:46.139: %LINK-5-CHANGED: Interface Ethernet0/1, changed state to administratively down
*Feb 10 23:24:47.147: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Ethernet0/1, changed state to down
Router-A(config-if)#
*Feb 10 23:24:47.899: %HSRP-6-STATECHANGE: Ethernet0/0 Grp 10 state Active -> Speak
Router-A(config-if)#
*Feb 10 23:24:57.899: %HSRP-6-STATECHANGE: Ethernet0/0 Grp 10 state Speak -> Standby
Router-A(config-if)#

① インターフェイスe0/1 をshutdown しました。

② インターフェイスe0/1 がダウンしただけで、スタンバイ・グループ10 のステートがStandby に遷移しました。

hsrp-c2-2.png

続けて、インターフェイスe0/2 をshutdown します。

Router-A(config)#interface ethernet0/2
Router-A(config-if)#shutdown
Router-A(config-if)#
*Feb 10 23:27:24.459: %OSPF-5-ADJCHG: Process 1, Nbr 1.1.1.4 on Ethernet0/2 from FULL to DOWN, Neighbor Down: Interface down or detached
Router-A(config-if)#
*Feb 10 23:27:26.459: %LINK-5-CHANGED: Interface Ethernet0/2, changed state to administratively down
*Feb 10 23:27:27.467: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Ethernet0/2, changed state to down
Router-A(config-if)#

これで、インターフェイスe0/1 とe0/2 の両方がダウンしました。

hsrp-c2-3.png
続けて、インターフェイスe0/1 をno shutdown します(インターフェイスe0/2 でも良いです)。

Router-A(config)#interface ethernet0/1
Router-A(config-if)#no shutdown
Router-A(config-if)#
*Feb 10 23:29:30.119: %LINK-3-UPDOWN: Interface Ethernet0/1, changed state to up
*Feb 10 23:29:31.119: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Ethernet0/1, changed state to up
Router-A(config-if)#
*Feb 10 23:29:35.667: %OSPF-5-ADJCHG: Process 1, Nbr 1.1.1.3 on Ethernet0/1 from LOADING to FULL, Loading Done
Router-A(config-if)#

インターフェイスe0/1 はアップしましたがHSRP に変化は見られません。

hsrp-c2-4.png
続けて、インターフェイスe0/2 をno shutdown します。

Router-A(config)#interface ethernet0/2
Router-A(config-if)#no shutdown
Router-A(config-if)#
*Feb 10 23:33:18.683: %LINK-3-UPDOWN: Interface Ethernet0/2, changed state to up
*Feb 10 23:33:19.683: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Ethernet0/2, changed state to up
Router-A(config-if)#
*Feb 10 23:33:25.695: %OSPF-5-ADJCHG: Process 1, Nbr 1.1.1.4 on Ethernet0/2 from LOADING to FULL, Loading Done
Router-A(config-if)#
*Feb 10 23:33:48.107: %HSRP-6-STATECHANGE: Ethernet0/0 Grp 10 state Standby -> Active
Router-A(config-if)#

① インターフェイスe0/2 をno shutdown しました。

② インターフェイスe0/2 がアップしました(これで、e0/1 とe0/2 の両方がアップしました)。

③ スタンバイ・グループ10 のステートがStandby からActive に遷移しました。

hsrp-c2-5.png