HSRP 応用編:(9) HSRP バージョン2 (2)

HSRP バージョン2 の設定です。

a
HSRP version 2 を設定します。














 
Router-A#conf t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router-A(config)#interface ethernet0/0
Router-A(config-if)#standby version 2
Router-A(config-if)#standby ?
<0-4095> group number
authentication Authentication
delay HSRP initialisation delay
ip Enable HSRP and set the virtual IP address
mac-address Virtual MAC address
name Redundancy name string
preempt Overthrow lower priority Active routers
priority Priority level
redirect Configure sending of ICMP Redirect messages with an HSRP
virtual IP address as the gateway IP address
timers Hello and hold timers
track Priority tracking
use-bia HSRP uses interface's burned in address
version HSRP version

Router-A(config-if)#standby 1000 ip 192.168.1.1
Router-A(config-if)#standby 1000 preempt
Router-A(config-if)#standby 1000 priority 105
Router-A(config-if)#^Z
Router-A#


① HSRP バージョン2 を使用することを宣言します。

② standby version 2 を実行すると、スタンバイ・グループ番号に0から4095 を指定できるようになります。

そのほかの設定はHSRP バージョン 1 と同じです。


show standby の実行結果です。

Router-A#show standby
Ethernet0/0 - Group 1000 (version 2)
State is Active
2 state changes, last state change 00:00:08
Virtual IP address is 192.168.1.1
Active virtual MAC address is 0000.0c9f.f3e8
Local virtual MAC address is 0000.0c9f.f3e8 (v2 default)
Hello time 3 sec, hold time 10 sec
Next hello sent in 1.000 secs
Preemption enabled
Active router is local
Standby router is unknown
Priority 105 (configured 105)
IP redundancy name is "hsrp-Et0/0-1000" (default)
Router-A#

スタンバイ・グループ番号に続けて、HSRP バージョン2 を使用中と表示されます。

HSRP バージョンを1 に戻すには、standby version 1 かno standby version を実行します。

しかし、スタンバイ・グループ番号に256以上を指定していると、以下のメッセージが表示されてバージョンの変更ができません。

Router-A#conf t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router-A(config)#interface ethernet0/0
Router-A(config-if)#standby version 1
% Warning: Current config does not permit HSRP version 1.
Router-A(config-if)#no standby version
% Warning: Current config does not permit HSRP version 1.
Router-A(config-if)#

HSRP バージョン1では使用できないスタンバイ・グループ番号を指定しているためです。

HSRP のバージョンは、インターフェイス毎に異なるものを使用できます。