UDLDを究める:(11) UDLD アグレッシブ・モード

これまで見てきたUDLD はノーマル・モードと呼びます。

a

UDLD ノーマル・モードでは、ポートが受信も送信もできなくなった場合はUniDirectional(片方向)を検知できないという欠点がありました。

UDLD アグレッシブ・モードでは、Link Up フェイズに移行したCatalyst-A 側が1 秒間隔でProbe を8 秒間送信する間にCatalyst-B からのUDLD PDU を受信しないと、即座にFlush を送信したのちポートをErrDisable にします。


udld-11.png

アグレッシブモードの場合、Unidrectional(片方向)と判断するための条件が、「Link Up フェイズに移行後、8 回のProbe 送信が完了後も対向機器からUDLD PDU を受信できないことなので、送信・受信の両方ができない状態にも対処可能です。